プロレス・格闘技ショップ 「Big Blue」

プロレス/格闘技 商品情報&ニュース

国内格闘技DVD 【長南 亮 最先端 MMAテクニック】 入荷

アメリカMMAマットに闘いを挑みながらTEAM QUESTでトップ選手たちとの切磋琢磨を続けた長南亮。その最先端テクニックを大公開!
 【長南 亮 最先端 MMAテクニック DVD】 入荷しました。 


chonan_mma_150[1]
▲長南 亮 最先端 MMAテクニック DVD

国内版DVD/約83分

収録内容
PART.1 スタンドでの打撃
 ミドルキック
 飛び膝蹴り
 オーバーハンドフック
 クリンチアッパー

PART.2 テイクダウンの攻防
 差した状態からからのテイクダウン
 差した状態から壁を使ったテイクダウン
 差された状態でのディフェンス
 両足タックルに対するディフェンス
 両足タックルに対する壁を使ったディフェンス
 片足タックルに対するディフェンス
 片足タックルに対する壁を使ったディフェンス
 両足タックルに対する切り返し
 両足タックルに対する壁を使った切り返し

PART.3 パウンド
 ガードポジションからのパウンド
 猪木-アリ状態からのパウンド
 サイドポジションからのパウンド

PART.4 アンダーポジション
 ガードポジションからの攻撃
 ガードポジションからの立ち上がり
 サイドポジションからの立ち上がり
 マウントポジションからの回避
 バックポジションからの回避
 フロントチョークからの立ち上がり
 壁際での立ち上がり

番外編(ボタンなし)
 グラウンドでの肘打ち

出演 長南 亮(ちょうなんりょう)
1976年10月8日、山形県鶴岡市出身。高校時代に空手を学び、上京後、総合格闘技を始める。2001年12月、DEEP 3rd IMPACTの冨宅飛駈戦にてプロデビュー。瞬く間に頭角を現し、2002年12月、デビューからわずか1年で当時修斗ライトヘビー級王者であった須田匡昇と対戦。僅差の判定で破れはしたものの、終盤の追い上げで大歓声を浴び、一躍その名を轟かせた。さらに翌年10月には修斗ミドル級王者であり、日本最強の呼び声も高かった桜井“マッハ”速人と対戦しこれを撃破。その実績を引っさげて、2004年5月よりPRIDE武士道に参戦。カーロス・ニュートン、アンデウソン・シウバ、ニーノ・シェンブリといった世界のトップを下し、実力を証明して見せた。更なる強さを求め、アメリカ、タイなどで練習を積み、特にアメリカではTEAM QUESTにてダン・ヘンダーソンらとともに最先端の技術を磨く。2006年2月、桜井隆太を破り第3代DEEPミドル級王者となる。2008年よりUFCに参戦。世界最高峰のオクタゴンでも一歩も引かない闘いぶりを見せ、高い評価を受けた。2009年8月、DEEP 43 IMPACTで中尾受太郎を下し、日本マット復帰戦を飾った。身長175cm、体重83kg。


<国内格闘技
DVD 商品情報:ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/mma/dvd/jpn/index_other.html
<国内格闘技 DVD 商品情報:携帯>
http://www.bigblue.co.jp/mma/mobile/dvd/jpn/index_mma.html


Big Blue "ビッグブルー"

東京都港区浜松町2-5-1 石渡ビル2F
Tel:03-3435-2883
info@bigblue.co.jp
<ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/mma/index.html
<携帯>
http://www.bigblue.co.jp/mma/mobile/index.html

プロレス・スーパスター列伝DVD 第9弾 【ディック・スレーター & タリー・ブランチャード】 入荷

プロレスの歴史を作って来たスーパースターたち往年の勇士と現在の素顔を追った感動のドキュメント プロレス・スーパスター列伝DVD 第9弾 【ディック・スレーター & タリー・ブランチャード】 入荷しました。

9_150[1]
▲プロレス・スーパースター列伝 Vol.9 【ディック・スレーター & タリー・ブランチャード】
国内版DVD/約105分

右利きのテリー”喧嘩番長” ディック・スレーター
テリー・ファンクの弟分として全日本プロレスマットで人気を集め、無鉄砲で荒々しいファイトスタイルから喧嘩番長と呼ばれた。
タンパ大学時代はレスリングとフットボールで活躍。ヒロ・マツダの下でトレーニングし、1972年にフロリダCWFマットでデビューした。ラフファイトが得意な若手ヒールとしてダスティ・ローデスとコンビを組み、1975年からはジョージアに転戦してボブ・オートンJrとの喧嘩屋タッグで活躍。1977年には中西部地区に参戦し、ジャック・ブリスコからミズーリヘビー級王座を奪取。NWA次期王者候補として注目されたが、その後フロリダに戻り、南部ヘビー級王座、USタッグ王座、フロリダヘビー級王座などを次々に戴冠した。
日本マットには、ファンク・ファミリーの一員として1974年に初来日。テリー・ファンクにそっくりなファイトスタイルで「右利きのテリー」と呼ばれ、常連外人となった。1980年の第8回チャンピオンカーニバルでは、テリー、ブッチャーらの大物を抑えて決勝に進出。ジャンボ鶴田と優勝を争い、名実共にトップレスラーとなった。UNヘビー級王座、インタータッグ王座に度々挑戦し、世界最強タッグにも4度出場するなど、実に通算17度に渡って全日本プロレスマットに参戦した。
アメリカマットでは、1983年よりミッドアトラティック地区でリック・フレアーと抗争を繰り広げ、1986年後半にはザ・レベルのニックネームでWWFマットに登場。ドン・ムラコ、アイアン・シークらと闘った。1996年、背骨の負傷がもとで引退。

塀の中の宣教師 タリー・ブランチャード
1980年代にリック・フレアーを中心に結成され、アメリカマットで一世を風靡した「フォー・ホースメン」オリジナルメンバーの一人。ジノ・ヘルナンデスとのダイナミックデュオ、アーン・アンダーソンとのブレーンバスターズで知られるタッグの名手。
AWAマットで活躍したジョー・アンダーソンを父に持ち、ウエストテキサス大学時代にはテッド・デビアスやティト・サンタナらと共にフットボール部に所属。卒業後の1975年、SCWマットで父親との親子タッグを組みデビュー。ザ・ファンクスらとの抗争で力を付けた。1981年、ジノ・ヘルナンデスとダイナミックデュオを結成。サウスウエストタッグ王座を通算5度に渡って保持するなど、悪役コンビとして大活躍をした。1986年1月、リック・フレアーとの伝説的ユニット「フォー・ホースメン」を結成。人気悪役としてNWAマットを席巻した。1987年9月、アーン・アンダーソンとのコンビでNWA世界タッグ王座を獲得。1988年後半にはアンダーソンとのコンビでWWFに登場。ブレーンバスターズの名前で、ブリティッシュブルドッグス、ハートファウンデーションらと闘い、1989年7月にはデモリッションを破ってWWF世界タッグ王座を奪取。NWA王座との2大タッグ王座を制した。しかし同年10月ドラッグテストにかかりWWFマットを離脱。1990年にセミリタイアした。その後はプロテスタントの説教師となり、宣教活動を行いながら、インディ団体の試合に時折出場。1995年10月には大阪で「無我」旗揚げ戦に参戦し、藤波辰爾と闘った。

<プロレス・スーパースター列伝 DVD 商品情報:ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/dvd/japan/index_wrestling.html
<プロレス・スーパースター列伝 DVD 商品情報:携帯>
http://www.bigblue.co.jp/wwe/dvd/jpn_others.html


Big Blue "ビッグブルー"

東京都港区浜松町2-5-1 石渡ビル2F
Tel:03-3435-2883
info@bigblue.co.jp
<ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/bigblue.html
<携帯>
http://www.bigblue.co.jp/mobile/index.html

プロレスDVD 予約 【(仮)国際プロレスクロニクル上巻】

【8月20日 緊急発売】 凄いタイトルがリリースされます!!!
【(仮)国際プロレスクロニクル上巻 国内版DVD】

只今、ビッグブルーにてご予約受付中です。


▲(仮)国際プロレスクロニクル上巻 国内版DVD
※国内版5枚組DVD/約16時間40分

まだ、全貌が明かされていませんが、今日現在メーカーからリリースされている情報をアップデートします。

【内容】
1966年10月の設立から1981年8月の崩壊まで、約15年間にわたり日本のプロレスに一時代を築いた国際プロレス。故・吉原功社長を中心に、5月24日に急逝した「金網デスマッチの鬼」ラッシャー・木村、マイティ・井上、アニマル・浜口、大木金太郎、グレート・草津、寺西 勇、阿修羅・原らが繰り広げた激闘の数々(テレビ東京放映時代)を、30年の時空を経て今ここに完全再生(収録試合は、すべて初めてのソフト化)。また、創立から崩壊までの全・パンフレット(全ページ)についても、上下巻に分け画面で完全収録。

流智美です。今回の作品でプロデュースと監修を担当しています。よろしくお願い致します。
ラッシャー木村さんの急逝を受け、年末発売予定だった作品を8月に発売しよう、ということになりました。その関係で、スタッフ一丸となり全力の「突貫工事」状態となっていますが、頑張っていい作品にしますので、よろしくお願いします。

まず最初の更新は、順序立て、という観点も大事だと思いますので、Disc1の冒頭に収録されている対談「国際プロレス誕生の真相」から紹介していきたいと思います(約65分)。私が司会を担当し、ゲストとして国際プロレスの創設から崩壊までの全てをご存知、と言って差し支えのない評論家の菊池孝さん(77歳)と、先日5・22のNOAH後楽園で盛大な引退式をされたマイティ井上さん(61歳)のお二人に登場いただき、1966年(昭和41年)から1968年(昭和43年)にかけて吉原功、ヒロ・マツダ、A・猪木、豊登(敬称略)の4人が、国際、東京の二大新団体を立ち上げた経緯を一気に語っていただきました。
力道山時代から、その死後にかけ(1955~1965)、それまでの「日本プロレス独占体制」にあった日本マットが、なにゆえ、この「昭和41年」になって突如、大分裂を起こしたのか?その起源がわからないと、国際プロレスという団体を理解することはできないし、このDVDを楽しんでいただく興味も半減してしまいます。もう43年も前の話なので聞きなれない固有名詞もたくさん出てきますが、そこは画面に収容されている当時のパンフレット(今回は旗揚げから昭和49年までの、いわゆるTBS時代を全ページ収録しました)を参照いただきながら、「ああ!あの人のことか!」と思い出しながら楽しんでいただければと思います。私自身、初めて聞く話も多く、腰を抜かすようなビックリトークを楽しませていただきました。
国際プロレスの旗揚げは1967年1月の「パイオニア・シリーズ」でした。このシリーズは吉原社長とヒロ・マツダが、半ば活動不能に陥っていた東京プロレスのエースA・猪木を特別参加させたというのが真相でしたが、そのへんの実体、真相が全て語られている貴重な「証言対談」といえましょう。
次に、まず一回目の更新ということで、収録が決定済みの試合の発表(1回目)です。
映像は全て当時の家庭用ホームビデオ(ベータマックスかVHS)で録画されたものなので、やや画面が粗いものもございます(テレビ東京さんにもオリジナルのマスターテープは残されていない試合ばかりです)。ですがプロレス史的に「絶対に、後世に残したい」とも考えまして、素材の「レア性」ということも重視し、仮に映像が粗くても、この機会に漏れなく収録することを優先させて戴きました。その点、購入して頂くお客様におかれましては、あらかじめお含みおきいただきたいと存じます。(また、2005年、2007年にポニー・キャニオンから発売されたDVD BOXに収録されたものは入れておりません)。

マイティ井上、アニマル浜口 対 木村健吾、永源遙(昭和55・3・31後楽園ホール、IWA世界タッグ選手権)
阿修羅原 対 剛竜馬(同・WWU世界ジュニア・ヘビー級選手権)
大木金太郎 対 ニック・ボックウィンクル(同 AWA世界ヘビー級選手権)
ラッシャー木村 対 ジョニー・パワーズ(同 IWA世界ヘビー級選手権)
大木金太郎 対 ジョー・ルダック(昭和55・4・13後楽園ホール)

最初の4試合は、そう、あの、伝説の「世界4大タイトルマッチ」です。浜口が長期欠場に追い込まれたあのシーンも収録されており、今回の作品の大きな要となっています。また、大木対ニックは、大木選手の長いレスラー人生の中でベスト5には間違いなくランクされる名勝負だと思います。

収録が決定した試合を続々と発表していきます。

【出演】
ラッシャー木村、マイティ井上、アニマル浜口、大木金太郎、上田馬之助、阿修羅原、寺西勇、剛竜馬、鶴見五郎、アンドレ・ザ・ジャイアント、ニック・ボックウィンクル、ディック・ザ・ブルーザー、バーン・ガニア、アレックス・スミルノフ、スーパースター・ビリー・グラハム、ジプシー・ジョー、ダイナマイト・
キッド

【ビッグブルー予約特典】
只今思案中です。国際プロレス
関連ものではない可能性が高くございますが、何かしらお付けします。
※販売元からの予約特典がある場合には、そちらもお付け致します。


<国内プロレスDVD 予約 商品情報:ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/dvd/reservation/index.html
<国内プロレスDVD 予約 商品情報:携帯>
http://www.bigblue.co.jp/wwe/dvd/reservation/index.html


Big Blue "ビッグブルー"

東京都港区浜松町2-5-1 石渡ビル2F
Tel:03-3435-2883
info@bigblue.co.jp
<ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/bigblue.html
<携帯>
http://www.bigblue.co.jp/mobile/index.html

UFC アクセサリー 【UFC ランヤード】 入荷

UFC アクセサリー 【UFC ランヤード】 入荷しました。脱着フック付き。


lanyard_2_150[1]

▲UFC Lanyard

<UFC アクセサリー 商品情報:ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/mma/ufc/accessory/index.html
<UFC アクセサリー 商品情報:携帯>
http://www.bigblue.co.jp/mma/mobile/goods/ufc/index_accessory.html


Big Blue "ビッグブルー"

東京都港区浜松町2-5-1 石渡ビル2F
Tel:03-3435-2883
info@bigblue.co.jp
<ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/mma/index.html
<携帯>
http://www.bigblue.co.jp/mma/mobile/index.html

WWE DVD 【オーバー・ザ・リミット 2010】 入荷

【WWE オーバー・ザ・リミット 2010 DVD】 入荷しました。旧ジャッジメント・デイを改め、今年から大会名を変更。シナ vs. バティスタ の完全決着、SES入りと髪切を賭けたミステリオ vs. CMパンク、他収録。ドラフト後初のPPVと位置づけられる本大会での、シナ、オートン、エッジに続く次世代の思い切った起用に注目したい。

ol_150[1]
▲WWE Over The Limit 2010 DVD
5/23/10
輸入版DVD/リージョン1

I Quit Match for the WWE Championship
John Cena vs. Batista

World Heavyweight Championship Match
Jack Swagger vs. Big Show

Randy Orton vs. Edge

Unified Tag Team Championship Match
Hart Dynasty vs. Chris Jericho & The Miz

S.E.S. Pledge vs. Hair Match
Rey Mysterio vs. CM Punk

R-Truth vs. Ted DiBiase

Intercontinental Championship Match
Drew McIntyre vs. Kofi Kingston

Divas Championship Match
Eve vs. Maryse

Special Feature
No Disqualification, No Count Out Match for the United States Championship
The Miz vs. Bret "Hit Man" Hart
Monday Night Raw, May 17, 2010

Surveillance Footage of CM Punk and the Straight Edge Society
Over the Limit, May 23, 2010

Monday Night Raw, May 17, 2010
The Most Irritating Man
Priceless
Awkward Blind Date
Compact Rental Car

<WWE 2010 PPV DVD 商品情報:ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/dvd/wwe/index_ppv_2010.html
<WWE 2010 PPV DVD 商品情報:携帯>
http://www.bigblue.co.jp/wwe/dvd/wwe_ppv_1.html


【リージョン1 DVD】 を視聴するには?
d225_150[1]
▲マルチリージョンDVDプレイヤー 【DVD-D225】
※メーカー1年保証付

<マルチリージョンDVDプレイヤー: ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/dvd_accessories/index.html
<マルチリージョンDVDプレイヤー: 携帯>
http://www.bigblue.co.jp/wwe/dvd_accessories/index.html



Big
Blue "ビッグブルー"

東京都港区浜松町2-5-1 石渡ビル2F
Tel:03-3435-2883
info@bigblue.co.jp
<ウェブ>
http://www.bigblue.co.jp/bigblue.html
<携帯>
http://www.bigblue.co.jp/mobile/index.html

プロレス & 格闘技ショップ "ビッグブルー"

〒146-0091
東京都大田区鵜の木2-16-8
藤ビル3F

【店舗 & 通信販売】

tel:070-5597-3139

月別アーカイブ